FX口座開設の審査ってどうなの?

subpage01

FX口座を開設するためには、20歳以上であることが必要ですが、その条件さえ満たしていれば、だれでも作れます。

Reutersについての情報ならこのサイトです。

しかし、FX口座の開設には一定の審査があるので、作れないという人もいるようです。


口座開設のための審査はそれほど難しくはなく、アルバイトでもよいので働いていて収入を得ている人なら基本的にはだれでも作れるようです。
専業主婦の人は無職ですが、家事や子育てをして夫の仕事を支えているので、夫の収入に貢献していると言えます。



完全に無職の人と比べると、専業主婦の人ははるかに信用があります。

無職の人でも、貯金があれば作れるという話もあります。実際に、無職だが貯金が100万円あるのでFX口座を作れたという体験談などがインターネット上にあがっています。審査の基準は会社によって異なるので、無職で100万円の貯金があっても審査に落ちるところもあれば、無職で50万円の貯金しかなくても審査に通るところもあると思われます。


年収、貯金という2つのポイントが重要ですが、その他に投資経験が重視されることもあります。


これらのポイントのすべてを満たしている必要はなく、総合的に信用があると見なされれば、口座を作成することができます。

新しいFX情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

大切なことは、嘘をつかないということです。無職でも審査に通る可能性がありますが、嘘をついて申告をした場合、それがバレたら高い確率で審査落ちします。FX口座作成のハードルはそれほど高くないので、正直に本当のことを申告しましょう。