相続のトラブル回避のために弁護士に遺言作成を依頼

img-1

相続の時に、遺産の分割割合で揉めてしまい、それまで仲の良い家族だったのに、一転してギスギスした関係になってしまうということが、よくあります。自分の家族は仲が良いから、とか、もめるほどの財産がないから、といった理由で、自分の死後の遺産分割について、何も対策をしていない方も多いのではないでしょうか。



しかし、統計的にみると、財産の額が少ないからもめることが少ない、ということは全くないですし、どんなに家族の間で仲が良くても、その配偶者などの関係者まで仲良しとは限りません。



最初は納得していても、周りの影響で、自分の取り分を主張し始めるというのもよくある話です。



そういったことにならないためにも、あらかじめ弁護士に依頼して、相続について、家族とも話し合って遺言を作成しておくべきです。
自分がどのような思い出、家族に遺産をどのような割合で残したいのか、その理由を聞けば、相続人も納得しやすいですし、生きている間であれば、財産の処分についての話し合いもすることが出来ます。



特に公正証書遺言を作成しておけば、自分が亡くなった後の手続きについても、遺族の負担を大幅に軽減することが出来ます。



弁護士に相談すれば、遺言の有効性も確保することが出来ますし、弁護士い遺言書を預けておけば、死後に間違いなく遺言通りに遺産分割が行われるので、自分のためにも、残された家族のためにも、よく話し合ったうえで遺言を作成しておきましょう。



関連リンク

img-2
債務整理で生活がらくになるのか?

債務整理とは借金を減額及び帳消しという方法により今ある債務を整理することの方法で、多重債務を抱える人の場合楽になるというイメージがあります。では、本当に債務整理で楽になるのかを考えてみましょう。...

more
img-2
相続のトラブル回避のために弁護士に遺言作成を依頼

相続の時に、遺産の分割割合で揉めてしまい、それまで仲の良い家族だったのに、一転してギスギスした関係になってしまうということが、よくあります。自分の家族は仲が良いから、とか、もめるほどの財産がないから、といった理由で、自分の死後の遺産分割について、何も対策をしていない方も多いのではないでしょうか。...

more
top