FXで損失が大きく拡大する前に早めの損切り

subpage1

f投資商品に対しては、しばしば損切りという表現が用いられます。リスクを限定する方法の1つです。
それでFXでも、損切りが活用される事がしばしばあるのです。大きな損失が発生しないよう望むならば、早い段階で損切りを行うのも一法です。

役立つReutersの為になる情報です。

例えばある時に、1ドルが100円という価格になっているとします。


そこでドルが上昇すると考えたので、買いポジションを立てたとします。
買いで入った訳ですから、ドルが上昇すれば利益が発生する訳です。


しかしドルは、必ず上昇するとは限りません。

トルコリラを手軽に利用してみませんか?

下がる事も非常によくあります。


一時期は100円だったものの、99円台や98円台にまで下落する事は頻繁にあるのです。
それで上記のような100円の段階で買ったとなると、98円にまで下がってしまえば、それなりの損失が発生する事になります。

いわゆる含み損という状態になる訳です。この段階で早めにドルの売却をする事によって、FXによる損失を低く抑えるやり方がある訳です。



それが、すなわち損切りです。


では売却しないとどうなるかというと、さらに損失が拡大する場合があります。
98円で下落ストップになれば良いですが、もっと下がる事はよくあるのです。
98円どころか、96円や90円台にまで下がる事もあります。
そこまで下がれば、損失額も当然拡大する事になります。


2円程度の損失ならば、それほど大きくない事もあります。


しかし90円にまで下がってしまえば、実に10円分もの損失なる訳です。

そこまでエスカレートする前に、FXでは早めに損切りを行う方が良いとの意見も多いです。

大事な金融の事

subpage2

FX口座を開設するためには、20歳以上であることが必要ですが、その条件さえ満たしていれば、だれでも作れます。しかし、FX口座の開設には一定の審査があるので、作れないという人もいるようです。...

next

金融をもっと知る

subpage3

FXが普通の投資や投機と違うのは、全ての取引をネット上で実行することが可能な点に他なりません。実際に、FXを行っていく際にはネット上にその人だけの口座を作ってもらって取引をすることになるのですが、一度口座を作ってもらうと後はその口座に必要な現金を振り込んでおくことで、どこにいてもネットから自由に取引をすることができるようになります。...

next

大人の常識

subpage4

FXに必勝法があるのか、ファンダメンタルでやった方が確実なのかなどいろいろ言われますが、結局のところはシンプルなテクニカル分析というものに落ち着く場合が多いです。テクニカル分析と言っても、チャートの形の統計です。...

next

サポート情報

subpage5

FXは必勝法があるのか、経済新聞を読まなければならないのか、などの疑問を持つ人は多いです。そして、それらを実行している人も多いでしょう。...

next